過払訴訟

手続の概要


 昨今、貸金業者の業績停滞等により、ほとんどのケースで任意交渉により過払金返還の合意をすることができません。もちろん、返還額を大幅に減額すれば合意することができるかもしれませんが、それでは返還を受ける金額が大きく減少してしまいます。

 そのため、高水準の過払金の返還を求めるためには、裁判所に過払金返還訴訟を提起する必要があります。

 過払金返還訴訟の多くは、訴訟をしている間に過払金返還の約束ができて和解することになりますが、中には判決までもつれ込むことも少なくありません。また、法律的な争点も複数内在していることが多く、判決が出るまでには少なくても半年程度はかかります。しかし、時間が多少かかっても、余分に払ったお金は返してもらうべきだと思います。特に、返還された金銭を他社への返済や生活費に回す必要がある場合も多いことから、安易な妥協はすべきではありません。

 当事務所では、訴訟の進捗状況をご報告しながら訴訟を進めることになります。