昔の借金が時効になることがあると聞いたのですが

 借金の支払いを何らかの事情で停止してしまい、数年あるいは時によっては10年以上経過してから損害金で膨れ上がった金額を請求された、という相談をよく受けます。
gf1940211557 たとえば、借入金そのものは30万円程度なのに、利息や損害金がついて合計100万円になっているというような具合です。
そして、そういった金額を督促する手紙には、「このままでは強制執行に移行する」、「自宅に訪問する」、「裁判所に訴状を提出する」などといった強い調子の記載がある一方で、「和解に応じる用意がある」、「今なら○○万円に減額する」などという優しい言葉も記載されていることが多いです。
 また、督促してくる債権者は、昔借り入れをした会社とは限りません。当初借り入れをした会社から権利を譲り受けたと言って請求されることもあります。
 さて、このような場合、まず最終の取引日がいつ頃だったのか思い出してください。それが、現在より5年以上前であれば、既に時効が成立している可能性があります。ただ、この場合でも、「時効が成立しているので支払いません」という通知をだした方がいいでしょう。この手紙は、内容証明郵便で送れば、後々、有力な証拠として機能する場合があります。
 しかし、5年間取引がなかったからと言って、必ず時効になっているとは限りません。たとえば、相手方が、訴訟などの裁判手続により判決等を取得している場合は、判決等から10年は時効が完成しません。
 また、借入をした相手方が会社ではなく個人の場合には、5年ではなく10年経過しなければ時効が完成しません。
もしも、時効が完成しているのに、督促にびっくりして一部で支払ってしまった場合であっても、事情によっては事項を主張できる場合もあり、時効を認めた裁判例もたくさんあります。